食費を抑えて節約をする方法

生活の中で大きなウェイトを占めるのはおそらく食費かと思われます。そして、節約がしやすいのも食費なのかもしれませんね。節約がしたい人にとって食費は何よりも抑えたいもの。一人暮らしの若者にとって食費を抑えることが、何より大事なことだと私は思っています。そんな中でたまに極端なことを考える人がいます。1か月もやしと米だけで生活すれば月5000で生活できる、というものです。たしかに月の食費は5000円は魅力的ですし、もやしと米があれば3食、腹を満たすことは可能です。これに挑戦したことがある人も実は多いのではないでしょうか。

 しかし、この方法私も試したことがあるのですが、長く続きません。私の根性がないのかもしれませんが、毎食もやしはどんなに料理のバリエーションがあったとしてもきついものがあります。それで結局コンビニで弁当を買ってしまったり、外食をしてしまうなどで、食費が増えてしまっています。大事なことは食欲というものをどれだけ満足させながら、食費を抑えるかということの両方をバランスよく考えるのが、結局一番安く食費を抑える秘訣なのではないでしょうか。私は月の食費が1万5000円ほどです。毎日自炊しながら自分ではおいしいと思えるものを食べて満足しています。

 ちなみに私は毎朝食パン2枚とヨーグルト、昼は袋ラーメン1個、夜は自分で作った餃子とご飯とその日に買った野菜や果物を食べています。この食生活をもう何か月も続けています。人によっては毎日同じものを食べるのは嫌だと思うかもしれませんが、ぼく個人的には、おいしくて腹が満たせればなんでもいいという考え方なので、毎日餃子でもなんとも思いません。むしろ日を追うごとに餃子づくりがうまくなって、おいしさが増していくばかりです。でも毎日同じものを食べるというのは実は効率的で、自炊する人は特に気を付けることなのですが、食材が余らないというのが一番のメリットかもしれません。毎日違うもの食べてると、うまくやりくりしないと必ず野菜を腐らせてしまったりするのですが、毎日同じものを食べていれば、その心配はありません。この効率的な食事を許容できる体に感謝しなければなりませんね。