エコと水道代の節約のために水の使い方を見直しています

家計がピンチだ。
いや以前からなんとなくは気になっていたのですが、日々の生活を送る中で以前私が一人暮らしをしていた頃の倍以上の金額になっている光熱費があるのです。
それは水道代です。

一人から二人になっただけならば8000円程度で収まるはずの水道代が、12000~13000円台をうろついています。
これはちょっと無駄が多い使い方なんじゃない?と以前から指摘していたのですが、一向に良くなる気配がないのでもう少し本気で夫にも協力をしてもらおうと決意しました。

その原因の一つはおそらくシャワー流しっぱなし、にあると思うのです。
現在は湯船にお湯を張ることもなくなったのですが、その分ガス代が安くなったものの、水道代だけは変わりません。

とにかく水圧を上げるために蛇口をめいいっぱい開いて、15分間流しっぱなしです。
今こうして改めて「15分間」と書き出しているだけでも、恐ろしくなってきます。

そりゃあ水道代も上がるでしょうよ、と。
これがほぼ毎日なのですから、ゾッとせずにはいられません。

もう一度、蛇口をもう一回し(できれば二~三回し)逆回しして、出る水の量を少なくしてとお願いする予定です。
シャンプーをしている最中に水を止めるのには抵抗があるらしいので、ここをどうにかうまい事説得しなければいけません。
押してダメだった場合は、ホームセンターなどへ行って節水シャワーヘッドなるものを買って、取り付けてもらうほかありません。

シャワーに関しては、協力がとっても大きいです。
もう一つは現在住んでいる賃貸マンションに据え付けられている、旧式の洋式トイレだとにらんでいます。

レバーを小にすると、ほとんど水が流れません。
築40年の古いマンションなのでトイレも昔のものですから、流すときの水量も大きいのです。

賃貸という事もあるので、トイレを取り換えるというわけにもいかず・・・。
小のレバーが使えないのならば、大のレバーで水量を調節しながら流すほかありません。

レバーをがっつりと動かしてしまうとタンクの中にたまった水がすべて流れ出てしまうので、ある程度のところでレバーを止めて便器の中の汚れが流れたらレバーを戻すというテクニックを思いつきました。

既にそのテクニック利用中とのことだったので、私もチャレンジ中です。
更に発展して「小ならば2回に一度で流すのはどうだろう?」という妙案が浮かびました。

私が一人の時は「2回ためて1度流す」でこなし、帰宅した時は出来るだけ一緒にトイレへ行って用を足すようにしています(笑)
まだ節約し始めたばかりなので次の検針ではさほどの効果が出ないと思いますが、夫のシャワー事情の改革でどれだけ変化があるか楽しみです。

最後にキッチンでの洗い物。
一人の時に実践していたため洗いを復活させる予定です。

シンクが狭いので、折り畳み式の洗い桶の購入を考えています。
洗い桶の中に水を張って洗剤を垂らしておいて、洗い物をその中に入れておくのです。
油ものの食器はどうするか悩みどころですが、とにかく現在着々と準備を進めているところです。
夫を説得するにはまず自分で行動を起こして、本気で頑張っている姿を見せ、その成果を確認してもらうほかありません。

目指せ!水道代800円台です!