無駄なお金を使わないための考え方について

節約がしたいけど、なかなか無駄遣いの癖が治らないと悩んでいる方に向けた無駄遣いを減らすための考え方について私が実践していることを今回は紹介したいと思います。

私には物を買うときに少しだけ考える癖があります。具体的に言いますと、自分が物やサービスを購入するときには、何個かの基準をクリアしてはじめて購入するといった感じです。この基準を自分の中に作ったおかげで、衝動買いや浪費をしてしまうといったことが少なくなりました。今回はそんな私のモノを買うときの基準を紹介したいと思います。

私のモノを買うときの基準は大きく分けて3つあります。1つ目は、その物によって自分が幸せになるかどうかです。例えば、好きなゲームが売られていた時に、そのゲームを買ってプレイすることは私にとって幸せなことです。一方で、そんなに好きでもないゲームを買ったとしてもそんなに幸せにはなりませんね。このように買おうとしている物に対して、それがどれぐらい自分を幸せにしてくれるかということが物を購入する基準の一つ目になります。

二つ目は、買うという手段以外にその物によって得られる幸せを得る手段があるかどうかです。またゲームのたとえになってしまいますが、ゲームをプレイするという幸せを得るためには、何もゲームを購入するだけではなく、友達から借りたり、譲ってもらうといったようなことでも得ることが可能です。このようにそのもの自体を自分のお金で購入するということでしか、その物から幸せを得ることができないといった場合に限って、私は物を買います。これが2つ目の基準です。

3つ目の基準は、その物が買えるお金があれば、他の物を購入することもできるわけですが、買おうとしている物から得られる幸せよりも、他のモノから得られる幸せが大きい場合は少し考えなおします。つまりは、今これを買うよりも、買わずに他のものを購入するのに使ったほうが幸せなのではないかと考えるという感じです。これが3つ目の基準です。

この3つの物を購入するための基準を欲しいものを目の前にしたときに考えることで、今買おうとしている物が本当に必要なのかどうかがわかりますし、無駄な物を買うことがかなり減ります。もし節約をしたかったり、浪費癖に悩んでいる方がいれば、自分なりのモノを購入する基準を作ってみてはいかがでしょうか。