安すぎる店舗買取で売るよりもネットで買取価格を比較しよう

 いらなくなったゲームや本などを売ろうと思ったとき、初めに思いつくのが店舗買取です。きっかけはPS3が壊れたことでした。これを気にゲームはPCとPS4に移行することに決め、思い切ってPS3のソフトを全部売り払うことにしたのです。

 私が向かった先は近所のGEO。近所の中古買取店自体がGEOしかなく、仕方なくそこにしました。GEOの買取手順はいたって普通で、レジで査定してもらい、値段に納得すれば買取という流れです。なんの問題もないようでしたが、査定額を見て驚きました。ゲーム十数本で5000円でした。1本が300円~500円で買取だったのです。聞けば状態が悪いというわけでもなく、どこの店でも中古ゲームがこのぐらいの値段で取引されているとのことでした。腑に落ちなかったものの、いったん買い取りを断って家に帰ってネットで調べてみることにしました。

 まず、GEOのサイトを見て驚きました。買取価格が見れるようになっているのですが、ほとんどの商品が1000円~3000円ぐらいと表示されていました。ここで重要なのは、表示されているのは最新商品ばかりだったことです。つまり最新商品の買取価格だけを表示して、いかにも高く買い取ってくれる店だと思わせようとしているのです。こういうことは他の業者もやっているようなので文句は言えないですが、基本的に店舗買取で高く買い取ってもらえるのは最新ゲームやレアなゲームだけと思っておく方がよいようです。

 では、古いゲームはどこで売るのが良いのかを調べてみました。その結果、一番高く売れそうなのはヤフオクなどのオークションサイトでした。ここではだいたい一本600円~1000円ほどで取引され、人気のないゲームでも他のゲームとセットで売るとそれぐらいの価格で売れるようです。GEOの2倍ほどの相場ですね。自分で出品するという手間はありますが、オークションサイトで売るほうが高く売れるのは確かなようです。これも当然のことで、私がGEOで売ったあるゲームはGEOで1900円ほどで売られていました。買う側の心理としてはオークションで1000円で落札した方がいいということです。

 オークションがめんどくさいという場合は、ほかの高く買取してくれる買取ショップを探すのが良いでしょう。GEOの場合は最新のゲームは買取価格はまずまずですが、少しでも古いゲームとなるとガックと買取価格が落ちる傾向があります。逆に言うと、最新のゲームの買取価格は高くなくても、古いゲームの買取価格が高めというお店もあります。
参考記事:本・CD・DVD・ゲームを高く売りたいときは、買取金額を比較しよう!
 私のようにPS3という何年も前に出たゲームを売るときには、古いゲームの買取が得意なお店で売るほうが良いでしょう。こういったお店はネット上にたくさんあるので、探すのはそんなに難しくありません。

 ここまでGEOの買取価格の安さを主張してきましたが、店舗買取の仕組みを考えると仕方のないことなのです。店舗としては、在庫と需要を見極めなければ在庫がたまって利益が出ません。店舗買取はネットを利用しない人向け、ネットオークションはネットをよく使う人向けと割り切って利用するのが良いでしょう。高く売りたいというならオークションやネット買取で、手軽に売りたいなら店舗買取と自分に合った使い分けが大事だと思います。