エコでありながら自分の生活をリセットできる断捨離

年に1度は猛烈にやりたくなる、それが断捨離です。

普段からなるべく物をためないように心がけて生活しているつもりでも、知らず知らずのうちに物はたまってしまいます。
どうしてこんなものを取っておいたのか自分でもわからないものが出てくるのも、断捨離中の楽しみです。

痩せたら着ようと思いしまっておいた服、時代遅れのバッグ、年齢にそぐわない派手な小物類。
ファッション関係だけでもゴミ袋がどんどん膨らんでいきます。

賞味期限の切れた食品、引き出物でもらった食器、ひびの入ったお皿など、キッチン周りも大量にいらないものが出てきます。
あれもこれもと勢いよく捨てていると、家族からはよく断捨離ハイになっていると笑われます。

ものを捨てることに快感を覚えてしまうのは良くないなと、自分自身反省します。
まずは物をためこまないことから、本当の断捨離ははじまるのだと思いました。
物を大事に扱うことの大切さについて改めて考えられるようになったのも、断捨離を行うようになってからです。

なんでもすぐに手に入る世の中で、情報にあふれ物欲を抑えられなくなる時もあります。
しかし、買い物をするときに一度冷静になって本当に必要なものなのかを考えます。
こういった習慣も、断捨離をする前は全くありませんでした。

ほしければほしいだけ買う、なくなったら心配だから買い置きしておく。
これではエコではありません。
欲望や不安感を満たすための買い物を少しでも減らしたいな、と思います。

今は最小限のものしか持たない「ミニマリスト」という人たちが増えているそうです。
私もそういった生き方に強く憧れますが、まずは自分にできることからはじめることが大切かなと思います。
はじめから高い理想を掲げてしまうと、すぐに息切れを起こし継続不可能になってしまいますから。

自分の身の丈に合った暮らし方を模索し、それでもたまってしまった不用品は潔く手放す。
引き取り手がありそうなものには第二の持ち主をきちんと探し、それでもゴミになってしまうものには感謝と反省をする。
なんでも捨てることだけが断捨離ではないと、私は思います。
物は少なくても心豊かに暮らす生き方は素晴らしいし、物があふれていてもその人が幸せならば必ずしも断捨離の必要はないと思うんです。

私にとっての断捨離は、自分の生活をリセットできる大切な手段です。